Contacts/組織階層型アドレス帳

Group Contacts

Contacts/組織階層型アドレス帳

Coo Kai Contactsは、上司・同僚の連絡先・プロジェクトのメーリングリストや社外連絡先を素早く検索し、
部署・役職・電話番号等の属性情報の参照や、メール送信を簡単にする為のアドオンアプリケーションです。
情報参照するメンバーは、Office365のグループ・ユーザと連携しツリー構造でメニューに表示。組織に対応したグループをあらかじめ登録しておけば、組織階層からの検索が可能です。

Coo Kai Contacts 画面イメージ

Coo Kai Contactsでできること。

  • Office 365のユーザー・グループをツリー表示
  • CSVファイルやその他サービスとの連携により社外の連絡先を表示
  • 検索したユーザを宛先に設定した状態でメール作成画面に遷移可能
  • ユーザー名、アドレス、役職などから検索も可能
  • ユーザの属性情報の項目は管理者がカスタマイズ可能
  • ユーザーは自分の属性情報を編集可能なため、社内SNSとしても利用可能

価格(ご利用料金)

価格 150円/ID
※200IDまでは固定料金(30,000円/月)となります。

機能一覧

一般機能

機能名 内容
組織階層表示 Office 365のグループ・ユーザー情報と連携し、組織階層で表示する事ができます。
共用の社外連絡先表示 管理者により展開された社外の連絡先を、会社別に表示する事ができます。
Sansan連携(ベータ版) 管理者の設定が有効な場合、名刺管理サービス「Sansan」に登録された連絡先を表示する事ができます。
※表示される連絡先は、全てのユーザーに共有された連絡先に限ります。
検索 下記いずれかのパターンで検索する事ができます。
・ユーザー(メールアドレス、ユーザー名称、ユーザー属性 ※AND検索)
・グループ(メールアドレス、グループ名称 ※AND検索)
メール作成 ユーザーのプロフィール画面からメールを作成、
または、連絡先一覧画面で宛先を複数指定してからメールを作成することができます。
個人用の連絡先表示 Office 365の個人用の連絡先と連携し、表示する事ができます。
プロフィール項目登録/編集 プロフィール項目を登録・編集する事ができます。
ポップアップ
OWA(Outlook Web App)のメール・予定作成画面に設置されたボタンから組織階層型アドレス帳を起動する事ができます。
Skype連携 ユーザーのプロフィール画面からSkypeチャットを開始、
または、連絡先一覧画面で宛先を複数指定してからSkypeチャットを開始することができます。
※Skype for Business 2015 が対象となります。Skype for Business Online には対応していません。
モバイル表示 スマートフォンなどモバイル端末からCoo Kai Contactsにアクセスすると、モバイル画面に切り替わり表示されます。
(iPhone/Android対応)
多言語 日本語と英語に対応しています。

管理機能

機能名 内容
Office 365との同期 Office 365のグループ・ユーザー情報を組織階層型アドレス帳に同期することができます。
組織表示順 一括設定 組織の表示順を管理画面より一括で設定する事ができます。※CSVインポート
ユーザー表示順 一括設定 ユーザーの表示順を管理画面より一括で設定する事ができます。※CSVインポート
ユーザー属性 一括設定 ユーザーの属性を管理画面より一括で設定する事ができます。※CSVインポート
ユーザー属性 拡張項目追加 ユーザーの属性を管理画面にて追加する事ができます。
追加項目は下記を選択する事ができます。
・ユーザー一覧での表示/非表示
・ユーザー検索対象とする/しない
※言語毎(日本語・英語)に設定可能です。
Office 365項目設定 Office 365から連携されるユーザーの属性の利用設定を行う事ができます。
・ユーザー一覧での表示/非表示
・ユーザー検索対象とする/しない
共用の社外連絡先登録 CSVファイルをインポートすることで、Office 365の組織外の連絡先を登録しユーザーに展開する事ができます。
Sansan連携(ベータ版) 社内でお使いの名刺管理サービス「Sansan」と連携することで、登録されている連絡先を表示する事ができます。
※連携用のSansanアカウントを介し、すべてのユーザーが閲覧する事ができる連絡先を取得、および表示します。