Outlook 誤送信防止ツール

Outlook Mail Checker

送信前にもう一度確認。
Outlook のアドイン機能で、誤送信を防止します。

誤送信防止ツールは、宛先確認、件名漏れ、添付ファイル漏れ、指定ドメイン外への送信などをポップアップでお知らせすることで、メールの誤送信を防止します。

誤送信
宛先確認、件名漏れ、添付ファイル漏れ、指定ドメイン外への送信など、ポップアップでお知らせします。
毎日の業務で利用するメールの誤送信は、1回の送信で企業の信用が失われてしまう、大変危険なヒューマンエラーの1つです。

個人個人の注意だけでは防ぎきれないリスクを、手軽なOutlookアドオン機能で回避することができます。

指定ドメイン外への送信や送信先確認など、送信前にポップアップでお知らせします。急いでいるときでもワンクッションおくことで、重大なミスを未然に防ぎましょう。

Outlook 誤送信防止ツールでできること

本ツールでは、以下の設定をCSVによりまとめて登録することができます。

指定外ドメインへの送信チェック
管理者が設定したドメイン以外に送信しようとした場合にダイアログが表示され、チェックを入れないと送信できません。
送信先数のチェック
指定した送信先数より送信先が多い場合ダイアログが表示されます。
件名なしチェック
件名がない場合、ダイアログが表示されます。
添付ファイルチェック
添付ファイルがある場合はダイアログが表示され、チェックを入れないと送信できません。
送信ホールド時間設定
管理者が指定した一定の送信ホールド時間経過後に送信されます。また、ホールド時間内は送信が取り消せます。
管理者による機能のON/OFF設定
管理者はダイアログを表示させる機能のON/OFFを設定できます。

※動作環境「Microsoft Outlook 2007以上」

Outlook 誤送信防止ツール
画面イメージ

mail-checker

Copyright (c) PSC Inc. All Rights Reserved.