導入メリット

Workflow System

各画面の概要

Coo Kai Workflowの標準機能は以下の通りです。
バージョンアップにより随時機能追加されることもございます。

共通機能

機能名 内容
一覧 承認メニュー:未承認、確認、承認予定、履歴が一覧表示されます。
申請メニュー:申請中、履歴、下書きが一覧表示されます。
申請 区分からひな型を選択し、各種申請を行います。下書きとして保存、過去の申請からコピーも可能です。申請中の申請書は、申請者から取り消しができます。
承認・却下・
差し戻し
申請書に対して、承認・却下・差し戻しを行います。コメントを記載することが可能です。差し戻しの際は、どの承認ステップまで差し戻すかを選択することができます。
通知機能 申請時:最初の承認者へ承認依頼メールが送信されます。
承認時:次の承認者へ承認依頼メールが送信されます。
却下時:申請者へ申請却下メールが送信されます。
決裁完了時:申請者・回覧者へ申請承認メールが送信されます。

システム管理機能

機能名 内容
運用管理者の管理 ワークフローの運用管理者を管理します。
役職・担当の管理 役職・担当を管理します。申請経路の承認者として役職を設定した場合、役職に紐づいたユーザーが承認者となります。
ユーザー・
グループ管理
Google Apps で設定されているユーザー・グループ情報を取得します。取得したユーザー・グループの表示・非表示設定を行えます。
管理者設定 申請書を格納するユーザーを設定します。ここで設定されたユーザーのドライブに全ての申請書が格納されます。

運用管理機能

機能名 内容
申請区分の管理 申請書を種類別に区分に分けて管理します。
申請書ひな型の管理 申請に使用する申請書をひな型として管理します。
ひな型ごとに、申請経路や自由に作成したスプレッドシートの申請書を設定し、ユーザーに公開します。また、金額・役職による経路の分岐設定が可能です。
申請経路の管理 申請書に必要な承認者のステップを管理します。申請経路の承認者として役職・担当を設定する事が可能です。
申請書の管理 申請書の検索、取り消し、削除を行います。
ログの管理 運用管理画面で行った区分・ひな型・経路に対する処理のログ情報を参照します。

Google Apps for Work と連携して標準機能環境を最大限に活用

Google Apps for Work と連携して標準機能環境を最大限に活用

柔軟な承認経路設定

申請書ひな型単位で、申立金額または申請者の役職に応じて経路を分岐させることが可能です。

指定した承認者のうち全員、または誰か一人といった設定が可能です。

申請書ひな型単位で、申立金額または申請者の役職に応じて経路を分岐させることが可能です。

申請書ひな型単位で、申立金額または申請者の役職に応じて経路を分岐させることが可能です。(以下は金額での分岐例)

Copyright (c) PSC Inc. All Rights Reserved.